【電気代・都市ガス代】国の補助金はいつまで延長される?

まったりブログ

こんにちは、光熱費見直しFPたけです。

今回は、多くの人に朗報です。
2023年8月30日、岸田首相は「物価高に対する経済対策」として電気代および都市ガス代の補助金の期間を延長することを公表しました。
これを踏まえ本記事では、補助金はいつまで続くのか、補助額はいくらくらいかについて解説します。

電気代・都市ガス代の補助金は12月末まで延長される

8月30日の岸田首相の公表により、電気代・都市ガス代の補助金期間が2023年12月末まで延長されます。
こちらは、2023年8月31日時点でのFNNプライムオンラインによる記事です。

政府は30日、電気やガス、ガソリンなどの価格高騰にともなう負担を軽減するため、支給していた補助金について、9月までとしていた期限を12月末まで延長すると発表した。

これによって、9月までであった国の補助金が9月以降も継続することとなりました。延長される期間は12月末までとのことです。
出典記事:FNNプライムオンライン
ガソリン・電気・ガスの補助金 12月末まで延長|FNNプライムオンライン

補助金が継続となった背景には、「物価高に対する経済対策と策定・実行するまで」とのことでしたので、これらの状況を加味し2023年末までの継続となったと推測されます。

 

国の補助金のまとめ【電気代・都市ガス代】

こちらの表は、2023年1月~8月の補助金額の一覧です。

出典:経済産業省ホームページより
2023年9月の補助金は、2023年1月~8月と比べて半額の補助額となります。


【2023年9月以降の電気代補助金】2023年12月末まで継続
家庭用(低圧電力)‥1kWhあたり3.5円の支援
病院・工場など(高圧電力)‥1kWhあたり1.8円の支援

例えば、一般のご家庭で300kWh使った場合
300kWh×3.5円=1,050円
したがって、300kWh使えば1,050円の支援となります。


【2023年9月以降の都市ガス補助金】2023年12月末まで継続
都市ガス‥1㎥メートルあたり15円支援
都市ガスに関しては一般のご家庭も企業も一律で1㎥メートルあたり15円の支援となります。

繰り返しになりますが、9月以降も(12月末まで)補助金は継続されることは決定していますので、引き続き物価高などの経済状況にも注目していきたいです。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

◎『FPの流儀ブログ🌱』メンバー紹介は下記よりご覧いただけます。
【FPの流儀】プロフィール | FPの流儀 (financialplanertk2021.com)
◎お問い合わせはこちらから⇓ ご質問やブログを読んでのご感想などどんなことでも構いません。皆さまからのご意見をお待ちしています☺お問い合わせ | FPの流儀 (financialplanertk2021.com)
※ 初回の個別相談は無料です。
※ zoomでのオンライン面談も可能です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました