【ハーベスト アジアフロンティア株式ファンド】iDeCoのやさしい商品解説

iDeco

こんにちは。FPたけです。
今回は【SBI証券 iDeCoセレクトプラン】の中の商品の1つである「ハーベスト アジアフロンティア株式ファンド」についてです。

ターゲット

これからiDeCoをはじめたい人・すでにiDeCoを始めていて商品を見直し検討(スイッチング)したい人へ

また会社の退職金制度である企業型DC(確定拠出年金)に加入している人、
前の会社で加入していた人も、是非この機会にご覧ください。

商品について

・運用会社→SBIアセットマネジメント
・商品区分→アクティブファンド

・信託報酬率(毎年かかる手数料)→2.124%(高い)

・設定日(この商品の誕生日)→2011年10月28日

どこの国に投資する商品か

・投資先→国際株式94%、その他6

・投資スタイル→フロンティア諸国への株式投資(フロンティアとは、モンゴル、カザフスタン、スリランカ、バングラデシュ、ベトナムなどのアジア圏でさらなる成長が期待できる国を指します)

(商品の組み入れられている比率上位5社)2022年9月30日時点

1位 ベトコムバンク ベトナム 金融 4.99%
2位 サイゴンビール・アルコール飲料総公社 ベトナム 生活必需品 4.94%
3位 ベトジェットエア ベトナム 資本財 4.72%
4位 ベトナム投資開発銀行 ベトナム 不動産 4.41%
5位 モバイル・ワールド・インベストメント ベトナム 金融 4.36%

この商品の特徴

アジアのフロンティア市場は、潜在成長性がとても高いとのことでした。GDP(国内総生産)の成長率の上昇が見込まれるためです。新興国のアジア圏は投資家がアクセスしにくい地域でもあるようで、未発達で経済の規模も小さいようです。アジアでもインドや中国と比べて経済の発展がままらなない国への投資を行ないます。

<これまでのリターン率>

商品(率) 1カ月 3カ月 6カ月 1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率) 設定来
トータルリターン -6.21% -5.86% -11.29% -17.85% 2.65% -0.30% 7.34% 105.67%
カテゴリー 0.09% -3.56% -4.51% -10.15% 4.36% 1.36% 6.23%

FPひとこと

正直一か八のところがあるでしょう!!(笑)世界でも経済の発展が未発達な国の将来の成長性に期待を評価するかといったところでしょうか。手数料(信託報酬)コストは高いです。また、経済の情勢や価格変動リスクを受けやすい点にも注意が必要です。

ハーベストアジアフロンティア株式ファンド-ファンド詳細|投資信託[モーニングスター] (morningstar.co.jp)※投資はくれぐれも自己責任のもとおこなってください。

最後まで見ていただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました