【農林中金 長期厳選投資おおぶね<パートナーズ>】iDeCoのやさしい商品解説

iDeco

こんにちは。FPたけです。今回は【SBI証券 iDeCoセレクトプラン】の中の商品の1つである「農林中金 長期厳選投資 おおぶね」<パートナーズ>についてです。

ターゲット

これからiDeCoをはじめたい人・すでにiDeCoを始めていて商品を見直し検討(スイッチング)したい人へ

また会社の退職金制度である企業型DC(確定拠出年金)に加入している人、
前の会社で加入していた人も、是非この機会にご覧ください。

商品について

・運用会社→農林中金全共連アセットマネジメント
・商品区分→アクティブファンド

・信託報酬率(毎年かかる手数料)→0.99%(安い)

・設定日(この商品の誕生日)→2017年7月5日

どこの国に投資する商品か

・投資先→国際(海外)株式91%、その他9

・投資スタイル→米国(アメリカ)の株式を厳選して長期投資を行なう。

(商品の組み入れられている比率上位10社)

コード 銘柄 業種 構成比(%)
1 MKC 食品 7.00
2 DIS ホテル・レジャー 6.90
3 APH 電子機器・部品 6.40
4 TXN 電子機器・部品 6.20
5 V 金融サービス 5.10
6 TJX 小売業 4.10
7 COST 小売業 4.10
8 CHD 化学 4.10
9 SHW 化学 4.00
10 NKE レジャー用品 3.90

出所)みんかぶより引用

この商品の特徴

アクティブファンドの中では手数料(信託報酬)コストは0.99%と大変安いです。組入銘柄総数は28銘柄とのことでしたが、アメリカの徹底した企業リサーチを行なっています。競争力がとても強い企業を厳選していることが上の銘柄から本気度が読み取れますね。

これまでのリターン率

商品(率) 1カ月 3カ月 6カ月 1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率) 設定来
トータルリターン 11.25% 5.77% 8.93% 14.43% 18.28% 15.40% 112.29%
カテゴリー 9.32% 5.25% 7.06% 4.96% 16.92% 11.43%    

この商品のリスク

①為替変動リスク →対円での為替ヘッジを行わない外貨建ので、資産は為替変動の影響を直接受けます。円安(円の価値が安くなる局面ではファンドの資産価値が上昇します。)

例)円安ドル高→外貨建ての場合は恩恵を受けられる (ドルを保有しているので日本円に直したときに利益となる)為替差益(かわせさえき)と言います。円の価値<ドルの方が高い状
例)円高ドル安→外貨建ての場合はマイナスとなる(ドルを保有しているが日本円に直したとき損失となる)為替差損(かわせさそん)と言います。円の価値のほうが高い状態>ドルの価値

②株式投資リスク →株式は国内および国際的な景気、経済、社会情勢の変化等の影響を受けます。業績悪化(倒産)などによって価格が下落すること。

株式のリスクは、どうしても業績や市場の期待などで株価の上下があり避けられません。

③流動性リスク→市場規模が小さいことや取引量が少ない場合に、市場の予測される価格で取引が行えず損失となる可能性があること。

簡単に言うと、人気か不人気かで取引の量なども変わると言うことです。

FPひとこと

『iDeCoだからこそあえてアクティブファンドに見いだす可能性??』

このファンドは、私がアクティブファンドについて考えるきっかけになった商品です。アクティブファンドは、プロが選ぶ(人の手によって選ぶ手間がかかる)ためインデックスファンドよりも手数料コストが高くなるのはこのブログでもお伝えしてきました。

この商品最大の魅力は、長期で成長する未来ある会社か?他社に負けない競争力はあるか?など、長期投資を前提として徹底的な企業リサーチをしている点にあるかと感じています。おおぶね」に乗った気分で、この商品を選ぶのも選択肢の1つかもしれません。現在、私はまだiDeCoで購入していないのですが、大いに検討余地のある商品だとおもっています。

農中<パートナーズ>長期厳選投資おおぶね-ファンド詳細|投資信託[モーニングスター] (morningstar.co.jp)

※投資はくれぐれも自己責任のもとおこなってください。

最後まで見ていただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました