【奨学金】ーFPが進学応援ー

FP活動

こんにちは、FPたけです。

今回は奨学金についてです。

大学に進学させるにあたっての1番の不安といえば‥

やはり、『進学資金』ではないでしょうか。

そのため、奨学金を活用されるのが一般的かもしれません。

私も、大学進学の際には奨学金を借りて進学させてもらえました!

貸与総額は240万円です。

奨学金はとても金利が安く、基本金利は0.016%で(5年ごとに利率見直し変動型ですが)借してもらっており、35歳までに返済する条件です。

当時は成績が良ければ、無利子で借りられる(第1種奨学金)のもあったのかもしれませんが、私は有利子(俗に言う第2種奨学金)と呼ばれるもので借りました。

 

奨学金には、『貸与型』・『給付型』の2種類があります。

給付型は、新しく制度として作られて、ご両親の年収によって受け取れるかが変わるようです。

こちらの2つは併用も可能です。

日本学生支援機構の『給付型奨学金シュミレーション』も参考にしてみてください。

奨学金

奨学金は、一般的に進学する本人が、将来社会人になったときに返すことになると思いますので、家族間で話し合うことが大切でしょう。

今は企業の奨学金などもあるようですよ。私も初めて知りましたがすごいですね。

教育ローンもありますが、こちらは親がローンを組む(親が借りる)という方法もあります。

まずは、大学への進学を考えているのであれば、まずはシュミレーションをしてみるのが良いでしょう。

また、給付型の奨学金もあるので、仮に家がそんなに裕福ではない、色んな事情があったとしても最初から大学進学を諦める必要はないはずです!

将来お金足りるかな‥と思ったのであれば、1度ライフプランを作成してみませんか。

どのくらいの奨学金を借りるべきかわかり、家計のヒントにもなるはずです。

 

◎奨学金テーマとしたFPトークセッション動画

最後までご覧いただきありがとうございました。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました